12月12日まで 初学者向けコース・経験者向けコース 10%OFFキャンペーン中

合格体験記

149回日商簿記1級の体験記


147回日商簿記1級の体験記

必要なものと不要なものの判断力が合格の鍵!

 全ての論点を満遍なく勉強する。一見、良さそうな学習法ですが、実は合格しにくい学習法でもあります。しっかりとした理解が必要な論点、意味さえ分かっていれば良い論点、むしろ暗記で乗り切るべき論点。論点ごとにメリハリを付けた学習が合格への近道です。

第147回日商簿記1級合格

表示科目と勘定科目の違いは?

プロ簿記に参加させていただいたはじめの基礎講座での先生から質問でした。

私はこれまでこの違いもわからず勉強しており、全ての勘定科目を暗記していました。これだけでなく、本当に暗記が必要なものとある程度意味を覚えておけばいいもの、重要な論点とほとんど本試験では出ることのない論点、などの区別が曖昧な中で勉強していました。

プロ簿記では必要なもの不要なものの判断する力がすごく付きました。

また一緒に勉強している仲間の存在がすごく心強かったです。
試験の3.4日前に急に疑問が湧いてきて質問掲示板に質問させていただいたときも、約半日で10件近い回答をいただきすぐに解決することができました。ありがとうございました。

今回、私は4度目の受験で合格することができました。
50点台、60点台の方は1つのアドバイスで急に伸びる可能性があると思います。そのような方に是非、先生の授業を受講してみていただきたいです。

初学の方はこの授業を初めから受講できると思うと、ただただ羨ましいです。職種問わず現場で使える会計力が身につくと思います。

最後になりましたが、富久田先生、スタッフの皆さん、2期生の方々、本当にありがとうございました。

「暗記作業」から解法されて無理なく合格

 「会計は、根本的な考え方があって、最終的な目的もある。仕訳は手段だから、パターン暗記する必要はない」これは、プロ簿記講座の根底にある考え方です。本質を掴むことで学習量をぐっと減らし、無理なく合格することを目指します。

第147回日商簿記1級合格

暗記、機械的インプット、そんな学習法に強いストレスを感じていた中、プロ簿記に出会いました。 事業会社の経理として働く内、「会計をちゃんと知る」必要性を感じ、簿記1級取得を目指し始めて1ヶ月頃のことでした。
「仕訳をひたすら覚えるのが会計だと思ってない?全然違うから」とバッサリ。「会計は、根本的な考え方があって、最終的な目的もある。仕訳は手段だから、パターン暗記する必要はない」とも。

これが、最初の一歩でした。
もともと、学生時代、日商簿記2級は合格していました。
ただそれは、本質無視の「要領」のみで取得した非常に薄っぺらいもので、今思えば何の価値もありませんでした。
「会計の本質」を意識するようになり、「暗記作業」と化していた勉強から解放されたことで、働きながらの勉強も無理なくスムーズだったと思います。

プロ簿記との出会いをきっかけに、毎日の一歩を踏み出していきました。
いきなり市販の問題集を一周し、本質的なところまでドリルダウンする(なぜこんな会計処理が必要なのか?各々の利害関係者にとってどんな見方ができるのか?)。その後はひたすら過去問に取り組み、分析しました。1日一回分(最低でも商会、工原どちらか)はやるよう心がけました。
富久田先生の考え方に共感し、各スクールから必ず出版される予想問題集には一切手を出しませんでした。

そして諦めないこと。これが最後の一歩でした。
試験終了時間ギリギリまで考え、手を動かし続けました。合格してもいないのに、変な満足感に浸ることはしませんでした。
結果、147回で合格証書をもぎとることができました。

富久田先生、スタッフの方々、本当にありがとうございます。
大げさですが、プロ簿記に出会い、成功体験を積んだことで、人生を開くことができたと思っています。経理マンとしての会計基礎を築き、自信を持つことができました。
プロ簿記での学びは、成功体験へ続く最初の一歩でした。

プロ簿記で勉強法を見直し7回目の受験で合格

 プロ簿記では、まず、勉強方法の見直しから始めます。日商簿記1級は、単に会計処理を学習しただけでは合格まで届きません。得点力が必要です。本試験でひねられても得点できるようになるためには「なぜそうなるのか」を意識した学習をすることです。そして、問題の取捨選択を戦略的に行うことです。大崎さんは、勉強法を見直して見事合格を勝ち取りました。

第147回日商簿記1級合格

私がプロ簿記に参加したのは、自分の勉強の進め方に不安があり、勉強の予定の立て方、戦略の立て方を学びたい、頻出論点を完璧にしたいという理由からです。
1級の勉強は、H28年11月の144回向けに他社の講座を受講したのみで、ほぼ独学でした。
138回から受験を始めて147回の試験は、7回目の受験でした。70点(17・20・12・21)で合格することができました。今までの試験結果は、50点台で推移していました。
今までの勉強方法を一旦リセットして、プロ簿記に参加して勉強方法を考え直しました。
147回の試験に向けて私が勉強方法で心がけたことは、1つ目は、問題に対してなぜそうなるのかを意識したことです。
過去問を3回転する計画を立てました。過去問で間違えた問題について、自力で答えを出せない論点は、1期生向けの講義を何度も聴き、それでも理解できない時は、2期生向けのインプット講義を聴きました。

そうして、なぜそうなるのかを理解することに意識の重点をおきました。過去問の2回転目3回転目を解いていくと理解が深まっていることを実感できました。過去問の中での頻出論点、基本論点を完璧にして、角度を変えて問われても解答できるようにしました。
2つ目は、試験問題を解く上での戦略を立てたことです。プロ簿記の答練では、時間配分、正解しないといけない問題、捨てていい問題などの戦略を伝授していただきました。
自分で過去問を解く時にも「これは、捨てよう」とか「ここは必ず取らないといけないから、しっかり見直ししよう」と得点の取り方をイメージするようにしました。
独学で勉強していた頃に不安に感じていたことは、自分の実力が合格ラインに達しているかを客観的に判断できないことでした。難しい問題に対してこの問題を解けないと合格できないのでは、と不安になりました。
答練では、そのほかにも「この問題解けた人は、合格圏内」「この問題は、みんな解けないから大丈夫」など問題ごとに先生に言われたことが参考になりました。点数をとるべき問題、解けなくてもいい問題、捨てたほうがいい問題が明確になったことが大変よかったです。
富久田先生、プロ簿記に携わるすべての皆様、本当にありがとうございました。